適材適所

パソコン作業の自動化・効率化のための情報を発信するブログ(VBA,PowerShellなど)

VBAでNotesカレンダーを取得する簡単なサンプル

VBAでNotesカレンダーを取得する

以前JavaでNotesカレンダーを取得してみました(JavaでNotesカレンダーの情報を取得する - 適材適所)が、今度はVBAでNotesカレンダーを取得してみたいと思います。

Notes操作をVBAで自動化したいという需要

そんな需要が、まだ、まだ、きっとまだ、あるはずだ!!ということでVBAによるNotes操作の第2弾です。

第一弾 VBAでNotesメールを取得する簡単なサンプル - 適材適所

今回はカレンダー

Notesにはカレンダー機能があり、スケジュール帳として使われ、またスケジュールの共有に使われたりしています、きっと、まだ。

今回はVBAでNotesカレンダーを取得する簡単なサンプルの紹介になります。

サンプルコード

早速サンプルコードの紹介です。定数を設定して、実行すると、イミディエイトウィンドウにNotesカレンダーの予定が出力されます。 参照設定で「Lotus Domino Object」のチェックを忘れないでください。

Option Explicit

Sub printNotesCalendarList()
    Const PASSWORD As String = "環境に合わせて設定"
    Const SERVER As String = "環境に合わせて設定"
    Const NOTES_FILE As String = "環境に合わせて設定.nsf"
    'セッションを確立
    Dim notesSession As notesSession: Set notesSession = New notesSession
    notesSession.Initialize PASSWORD
    'Notesのデータベースを取得
    Dim notesDB As NotesDatabase: Set notesDB = notesSession.GetDatabase(SERVER, NOTES_FILE)
    'カレンダーViewの取得
    Dim view As NotesView: Set view = notesDB.GetView("$Calendar")
    
    'カレンダーの最初の文書を取得
    Dim notesDoc As NotesDocument: Set notesDoc = view.GetFirstDocument
    
    '全てのカレンダーにアクセスする
    Do Until (notesDoc Is Nothing)
        Dim subject As String: subject = notesDoc.GetItemValue("Subject")(0)
        Dim body As String: body = notesDoc.GetItemValue("Body")(0)
        '開始日時と終了日時のスマートな処理方法がわからず、無理やり処理しています。
        On Error Resume Next
        Dim startDateTime As Date: startDateTime = notesDoc.GetItemValue("StartDateTime")(0)
        If Err.Description <> "" Then
            startDateTime = notesDoc.GetItemValue("StartDate")(0)
        End If
        Err.Clear
        Dim endDateTime As Date: endDateTime = notesDoc.GetItemValue("EndDateTime")(0)
        If Err.Description <> "" Then
            endDateTime = notesDoc.GetItemValue("EndDate")(0)
        End If
        On Error GoTo 0
        Dim location As String: location = notesDoc.GetItemValue("Location")(0)
        Dim form As String: form = notesDoc.GetItemValue("Form")(0)
        Debug.Print "タイトル:" & subject
        Debug.Print "内容:" & body
        Debug.Print "開始日:" & startDateTime
        Debug.Print "終了日:" & endDateTime
        Debug.Print "場所:" & location
        Debug.Print "タイプ:" & form
        Debug.Print "---------------------------------"
        '次の文書を取得する
        Set notesDoc = view.GetNextDocument(notesDoc)
    Loop
    
End Sub

これを使うことで、VBAを使ってGoogleカレンダーと同期したりといったことが可能になるかと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

www.tekizai.net

www.tekizai.net