適材適所

PowerShellやVBAなどプログラミング系の話多めで

【PowerShell小ネタ】PowerShellとコマンドプロンプトを行き来する

PowerShellは既存のコマンドをそのまま使えるようになっています。

もちろんこれまで利用されていたコマンドプロンプトも使うことができます。

コマンドプロンプトを起動する

PowerShellでcmdと入力すると

f:id:shinmai_papa:20210819123345p:plain

f:id:shinmai_papa:20210819123352p:plain

見た目はPowerShellですが、コマンドプロンプトが起動してます。

試しにPowerShellのコマンドレットを実行しようとしても、実行できません。

f:id:shinmai_papa:20210819123405p:plain

exitと入力するとPowerShellに戻ることができます。

f:id:shinmai_papa:20210819123358p:plain

起動したコマンドプロンプトからPowerShellを起動することもできます。

f:id:shinmai_papa:20210819123411p:plain

迷子になったら

PowerShellとコマンドプロンプトで行き来していると今自分がどちらにいるのかわからなくなるときがあります。

迷子になってわけがわからなくなったら、素直に×で閉じてしまいましょう。

また、PowerShellのプロンプト文字列がデフォルトのままなら、

PS カレントディレクトリ >

となっており、PSという文字があるのでそれでPowerShellであることがわかりますね。

PSと頭についていればPowerShell。

f:id:shinmai_papa:20210819123418p:plain

終わりに

PowerShellの小ネタシリーズ、コマンドプロンプトとの行き来について書いてみました。

とは言ってもPowerShellならコマンドプロンプトで使うコマンドの

上位互換的なコマンドレットが使えるのでなかなかコマンドプロンプトを起動したい場面は多くないかもしれません。

しかし、中にはコマンドプロンプトでしか使えないコマンドがあったりするので、

そのときは役に立つかも知れません。

というわけで、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。