適材適所

PowerShellやVBAなどのプログラミングに関すること、キャリア、子育ての3本で書いていきます

もっとラフにツールを作ろうという話

使い捨てでいいじゃん

世の中には色々なシステムが溢れていますけど、実は、「システムを入れるほど大掛かりなものではないけど、なんとかしたい」くらいのちょっとした作業も同じく溢れているような気がします。

特にオフィスでは、雑多なPC作業を力技でこなしている人を良く見かけます。

毎日のルーティンとなっている作業に対して、特に疑問を持つことなく、機械的にPC作業をしていたり、前任から引き継いだ手順をとりあえず踏襲していたり・・・。

「その作業、15分もあれば自動化できるのに」と思うこともしばしば。

「こういうシステムがあれば」「もっとシステムの使い勝手がよければ」と嘆く人もいますね。

でも、そういう人たちに声を大にして言いたい。

「自分でツールを作ればいい!!」と。

いつ導入されるかわからない、大掛かりなシステムを指をくわえて待っているより、自分で手を動かして作ればいい。

どんな言語でもいいから一つだけプログラミングをして、簡単なツールを作ってみればいいと。

作ったツールはどんどん使い捨ていいと思います。

でも「自分で作るなんて敷居が高い」という人もいます。

そういう人はとにかく作ってみろ!!!と言いたいです。

作ってみると、意外と簡単です。

最初はコピペでいいんです。

使い捨てでいいんです。

誰かが疑問に思ったことの答えは、大体ネットに書いてあります。

その悩みは、人類で一番最初の悩みではないのですから。

とにかく作ってみてほしいということです。

VBAでもJavaScriptでもPythonでもPowerShellでもなんでもいいから作って慣れることが必要だと思います。

慣れの問題

要は慣れなんですね。

作らないと作れない。

最初の敷居は高く感じるかもしれませんが、一度やってみると、意外と簡単なことがわかります。

そして、一度慣れると加速度がついてきます。

そうすると、ちょっとした作業を自動化するアイディアが浮かんできます。

ちょっとした作業を自動化するようなツール(コード)は、大体使い捨てになることが多いです。

でも、そのコードを溜めておく。

そうすると、いつか別の形で使い道が出てくることがある。

使い捨てのものも溜まると侮れない

ちりも積もれば山となるといいますか、溜まったものは、どこかで何かの役に立ちます。

要は、それがネタ帳みたいなものですね。

そこにあるネタを基に、また新たなネタが生まれる。

それが先ほどの積み重ねという意味です。

効率化・スキルアップにつながる

ツールを作ることは、業務の効率化に直に繋がってきます。

そしてツールを作るということは、作る技術が身に付きます。

業務の効率化をしつつ、スキルアップにつながるんですね。

どんどん作って使って貯めていこう

大事なことは、使い捨てでいいのでどんどん作ることです。

そして溜めること。

これがいいスパイラルを生んでいきます。

大事なのは、「この作業って、人がやる必要ある?」という疑問を持つことです。

仕事や作業は「適材適所」でないといけません。

というかぶっちゃけ、「こんな面倒なことやってられっか!!」という強烈なめんどくさがりな気持ちが大事です。

そう思ったら、ツールを作り始める絶好の機会です。

見よう見まねの使い捨てで、とにかく作ってみる。

最初から厳密なものができればいいですが、人間そんな完璧にできていません。

それに90点を100点にあげるより、20点を80点にあげる方が簡単です。

エラー処理とか、環境構築とか、そういうのは二の次です。

まずは、とにかく動くものを作って、トライ&エラーでいい。

もっとラフに、ツールを作ることが大事だと思います。

という戯言でした。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

色々な作業を自動化できるかもしれない記事

コマンドから起動できると地味に捗るWindows機能8選 - 適材適所

ExcelVBAで差し込み印刷もどきをやってみる - 適材適所

VBAでキーごとにシートに分ける簡単なサンプル - 適材適所

VBAでNoteメールの添付ファイルを保存する - 適材適所

PowerShellでNotesを操作する - 適材適所

PowerShellでファイル内容の置換 - 適材適所

VBAでNotesメールを作成・送信する_最も簡単なサンプル - 適材適所

WinHTTPとVBAでウェブから画像をダウンロードする - 適材適所