適材適所

PowerShellを中心にプログラミングやシステム管理の備忘録的なブログ

【AS400,IBMi】ソースメンバーのタイプを変更する

AS400(IBMi)でソースメンバーのタイプを変更する手順の備忘録です。

メンバーのタイプを変更するにはSTRSEUがいいかも?

STRSEUコマンドでSRCMBRオプションを *SELECT にすると一覧で表示されるので、 そこでタイプの部分を変更できます。

STRSEU SRCFILE(ライブラリ名/ソースファイル名) SRCMBR(*SELECT) 

イメージ図(実際はタイプとテキストに下線が引いてあり編集可能になっています)

                            SEU によるメンバーの処理                            
                                                                                
 ソース・ファイル . . .   QXXXSRC                  ライブラリー . .  XXXSRC    
 位置指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .             
 新しいメンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .             
   新しいメンバーのタイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  TXT        
   テキスト . . . . . . .                                                       
                                                                                
 オプションを入力して,実行キーを押してください。                               
   2= 編集    4= 削除    5= 走査検索    6= 印刷                                 
                                                                                
OPT メンバー         タイプ      テキスト                                          
    XXXXXX       CLP         XXXXXX     
    XXXXXX       CLP         XXXXXX               
    XXXXXX       CLP         XXXXXX           
    XXXXXX       CLP         XXXXXX           
    XXXXXX       RPG         XXXXXX           
    XXXXXX       RPG         XXXXXX           
    XXXXXX       RPG         XXXXXX           
    XXXXXX       RPG         XXXXXX           
                                                                       続く ... 
 F3= 終了    F5= 最新表示            F12= 取り消し       F14= 日付の表示        
 F15= 日付で分類                     F17= サブセット     F18= DBCS 変換         
                                        (C) COPYRIGHT IBM CORP. 1981, XXXX     

以上、備忘録に。

`; Array.prototype.forEach.call(document.getElementsByClassName('kijinai_koukoku'),function(d){d.innerHTML=KIJINAI_ADS;}); Array.prototype.forEach.call(document.getElementsByClassName('adsbygoogle'), function(){ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});}); -->